スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本ハムの優勝
日本シリーズを制したのは、日本ハムだった。

日本ハム優勝

日本ハム優勝

開幕前、日ハムが優勝する事を誰が予想しただろうか?! (伊集院光以外)

しかし、日本シリーズ開始直後には「日本ハムが優勝するかも」という雰囲気が横溢していた気がします。

それは・・・

今年の日本シリーズ。初戦は接戦の末中日が勝利。

しかし2戦目を日本ハムが拾ったことでガラリと雰囲気が変わった。2戦目のポイントは5回裏の中日のバント失敗。無死1・2塁で打者は山本昌。ゼッタイにバントで走者を進めて上位に回したい場面。だけど一番バントが難しい場面。完全にセーフ・野選のタイミングだったのに、敢えて三塁に送球して走者を封殺した日本ハムの投手・八木の好プレー。これで流れが変わった。この後日ハムは同点・逆転して1勝1敗で本拠地に札幌ドームに戻ることが出来た。

日本シリーズは初戦を勝ったほうが有利といわれている。短期決戦だから勢いがつくからだ。そういう意味では今年は中日に有利かと思われたが、八木の好プレーで試合の流れが変わり、しかも1勝1敗で熱狂的なファンが待つ本拠地身戻れたことで、日本シリーズ全体の流れが変わってしまった。

日本ハムに流れが移ってしまったことを象徴するプレーが、3戦目の中日の谷繁捕手の野選。1回裏無死1塁の場面でバントを処理した谷繁は、躊躇無く2塁に送ったものの、オールセーフ。八木の好プレーとは対照的に流れを完全に相手に渡してしまった。結果論になるが、この2つのバント処理が日本シリーズの勝敗の行方を分けたといっても過言ではない。

確かに選手たちのプレーにも、シリーズの流れを左右するものはあっただろう。しかし、その選手達のプレーを後押ししたものは、他でもない地元の大声援だったのだろう。札幌ドームでの中日の選手は浮き足立っているように感じた。「甲子園球場並み」というスコアラーの事前情報は入っていたようだが、あそこは屋外。札幌はドーム。やはり声援の大きさ・迫力が違ったのではないだろうか。一度シリーズを経験しているさすがの中日ナインも、雰囲気に呑まれたといわざるを得ない。一方で、日本ハムのナインは完全に「もう一人の選手」を得た気持ちだったろう。気持ちよくプレーをしている印象だった。

もう一つは、やっぱり新庄の存在が大きいだろう。選手・ファン・フロントが「今年は優勝を」「新庄に花道を」と見事に一丸となっていた。新庄のパフォーマンスには賛否あろうと思うが、チームを引っ張り、ファンとの一体感を形成したことは間違いない。本当に敬意を表したいと思うし、彼はやっぱり「何か」を持っている。間違いなく。

日本ハム優勝

スモールベースボールが見直される昨今、今年の日本シリーズもそれを象徴するようなゲームの連続だった。WBCの盛り上がりに始まり、高校野球の緊迫・感動。そして今年のさわやかな日本シリーズ。野球界にとってなかなかよい一年だったのではないだろうか。

日本シリーズの最終戦の視聴率。地元札幌で瞬間的に73.5%だったそうだ。地元じゃなくても関東で25.5%、関西で26.5%を記録。最近野球離れが懸念されているが、野球というソフトが廃れたわけではないことが良く分かる。面白い試合なら、みんな見るよ。そういう面白い試合を、巨人がしてないだけなんだよ。巨人の視聴率だけで、「野球離れ」を叫ぶのは、やっぱりおかしいと思う。
日本ハム優勝

これからも、面白い・盛り上がる・引き込まれるような、そんな野球を期待したいものです。
スポンサーサイト
【2006/10/30 23:47】 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハロウィン | ホーム | あさがお成長日記:その後・・>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://masatoshi.blog49.fc2.com/tb.php/68-d4cc3cea
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。