スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
写経 in 長谷寺
鎌倉・長谷寺に写経に行ってきました。以前から一度行ってみたくて。
写経 in 長谷寺

鎌倉・江ノ電
そしたら、先日こういう雑誌に出会い、そこに、写経・座禅の体験について載っていました。ふむふむ。思ったよりは敷居が高くなさそうだぞ。行って見ようか。

向かったのは長谷寺。拝観券売り場の隣で申し込みを済ませます。写経用紙が一枚1,000円。般若心経延命十句観音経 の二種類があります。また、こちらでは 写仏 も行うことが出来ます。会場は境内にある 弁天堂 が写経会場。まずは つくばい で手を清め、仏前にお参りをして席に着きます。

写経 in 長谷寺長谷寺弁天堂

写経 in 長谷寺会場はこんな感じ。写っていませんが、2席だけ椅子席もあります。墨汁で墨を擦ってもよし。筆ペンを使うもよし。道具はすべて揃っていますので、特に用意するものはありません。気持ちだけですね。

薄く印刷してある文字を、なぞって書いていきます。まずは正座が大変でした(^^ゞ。何せこの御時勢、字を書く機会が少ないものですから(^^ゞ それも大層でした。さらに、それが毛筆と来ます。こんなに毛筆(筆ペンですが)と格闘したのは、小学校以来だ、間違いない。

左が「使用前」。右が「使用後」。やはり、慣れるもので、最初の頃の字はひどいものですが、慣れてくると字が整ってきます。あとは足の痺れとの戦いでした。
写経 in 長谷寺 (使用前)写経 in 長谷寺

所要時間は1時間ほど(途中、足の痺れが治まるのを2度待つ時間を含む)。会場は静寂そのもの。途中、人の出入りもあるのですが、その際も皆さん粛々と邪魔にならないように動かれます。とても集中できました。

仕上がった写経用紙は、上の観音堂(本堂)に「志」と共に納めます。大きな長谷観音様に奉納していただけるなんて、うれしいですね。

写経について調べていたら、こんなページもありました。写経のお手本をダウンロードできます。あと、電子写経 なんてのもありました(-_-;)。

ちょっと敷居が高い気がして躊躇していましたが、なかなかどうして、気軽に(といっては不謹慎ですが)楽しむことが出来ました。またトライしてみたいと思います。
スポンサーサイト
【2006/09/09 22:51】 神社仏閣 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Happy Birthday to me ! | ホーム | 大桟橋の夕景20060903>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://masatoshi.blog49.fc2.com/tb.php/53-768b0b6d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。