スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
高校野球神奈川県予選 慶応藤沢 vs 市立川崎 in 保土ヶ谷球場
いよいよ来ました。夏が。高校野球が。

昨年この家に引っ越して来たメリット。保土ヶ谷球場が徒歩圏内にあります。結構大きい球場で、ベスト16ぐらいまで試合が行われます。それ以降は横浜スタジアムになります。

行ったのは7月17日(月・祝)。天気が微妙で躊躇しましたが、テレビ神奈川で確認したら、しっかり保土ヶ谷球場の試合が生中継されていました。試合が行われていることを確認してから、出かけました(なんたる近さ)。

試合は、慶応藤沢 vs 市立川崎 です。

高校野球神奈川県予選 in 保土ヶ谷球場

妻曰く「生中継されているなら、それを見ればいいじゃないか」と。いやいや、違うんだって。高校球児はこれに賭けているんだよ。それを生で観るのは、やっぱり迫力が違うんだって。

また妻曰く「今日はそうでもないけど、暑いじゃん」と。いやいや。夏は暑いんだよ。暑いのは夏じゃないと体現できないの。暑くない夏は夏じゃないの。ちゃんと2006年の夏というものを、体現しないといけないの。

とまれ、保土ヶ谷球場に向かったのでした。

慶応藤沢の藤本投手の力投


試合は、8-3で慶応藤沢が勝ちました。試合のターニングポイントは4回表。慶応藤沢の攻撃。市立川崎は2死満塁のピンチを迎えます。投手の力投でなんとか抑えるかと思ったのですが、打球は左翼手のグラブの先をわずかに超えていきました。走者一掃のタイムリー二塁打。ここで大量点が入ってしまい、慶応藤沢ペースになりました。

慶応藤沢は点差がある中でも地味に送りバントするなどして小刻みに加点したのが大きかった。投手も守備陣も安定していました。

市立川崎の終盤の粘りも凄かった。ボテボテの当りを、一塁にヘッドスライディングでセーフにした瞬間。WBCの松中のように一塁を叩いたその気迫。心に残りました。

市立川崎の7回裏の3点。実はあれはコールド負けを阻止した3点でもあったんですよね。7回で7点差ついていると、コールドになってしまうんですよね。それを知っていたのでハラハラしていましたし、市立川崎の喜びも伝わってきました。

どっちも勝たせてあげたかった。いずれにしろ、どっちにも拍手を送りたい、そういう熱戦でした。

盛り上がる慶応藤沢応援団市立川崎応援団


応援も盛り上がっていました。慶応藤沢は応援を女子がリードして(!)。とても新鮮でさわやかでした。市立川崎の応援も、とてもまとまりがあって、きれいでした。

相手校歌を聞く市立川崎喜びの報告をする慶応藤沢


いやー。いいねぇ。青春って。(おやじくさっ!)

もう何試合か観れるといいなぁ。
スポンサーサイト
【2006/07/19 00:30】 Blog | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<京急横浜駅1番線完成 | ホーム | Zizou ! On T'aime ! ...mais...>>
コメント
いいねぇ!青春!!アメリカで高校生活を送った私は、チアリーダーがキャーキャー言いながら応援するフットボールとかを傍観しながら、なんか違うと思っていた。やっぱり高校野球よね!(ちょっと違う??)春より夏の甲子園の方がなんとなく気分が盛り上がる気がするのよねー。選手は暑くて大変だと思うけど、試合終了後に負けた選手が泣きながら土をかき集めてる姿なんて見た日には泣けます。
【2006/07/19 09:53】 URL | ぽこ #-[ 編集] | page top↑
オッシー!乱入しちゃいました!!
3回戦までコマを進めた我が母校がどこまで行けるか、興味がありますぞよ。
【2006/07/19 21:59】 URL | SAM #-[ 編集] | page top↑
>ぽこさん。そうだよ。やっぱり高校野球よ! 最近はトシのせいか、高校球児の一挙手一投足にジンと来てしまいます(^^ゞ

>SAMさん。だよね。母校の動向も気になるよね。応援席にも、どう見ても父兄じゃないよなぁ、と思われるただのOBの姿が目立ってたよ。
【2006/07/20 00:25】 URL | マサトシ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://masatoshi.blog49.fc2.com/tb.php/42-0237647a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。