スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
本当の「再チャレンジ」
不二家の騒動、みなさんどう思いますか? 僕が言う「騒動」とは、マスコミが作り出す狂詩曲のこと。

僕は「騒ぎ過ぎ」だと思う。これは「弱いものいじめ」とか「行き過ぎた正義の濫用」ではないだろうか。

確かに不二家は悪いことをした。食の安全を軽視している。けしからん。事後対処も悪い。調査も甘い。次から次に出てくる。終わりが見えない。本当にいい加減だ。これは糾弾されてしかるべき。間違いない。

でも「糾弾=抹殺」ではないはずだ。
子供を叱る時、その子が自殺するほどまでに追い詰めて叱る親がどこにいるだろうか。いけないことをした子供に、何が悪かったのかを認識させ、反省させ、次回からはしないようにと諭すのが親の役割のはず。

どうしてそういう大人の度量を今の日本人は持っていないのだろうか。最近どうも無用の肩肘が張っているような気がしてならない。

バラバラ殺人然り。
殺人は言語道断。しかし、だからといって加害者も被害者もあれほどまでにプライバシーが暴かれるほど喧伝されていいのだろうか。

いじめ問題然り。
いじめによる自殺は社会問題だ。自殺の遠因になったいじめた側のプライバシーが明らかにされ、文部科学省や教育委員会は吊るし上げに遭う。これでいいんだろうか。

背景の一つは間違いなくインターネットによる情報化社会。今回の不二家もチクりが発端らしい。今の世の中、どんなに内緒にしたところでどこかで漏れる。そして匿名性の高い掲示板などでどんどん「裁判」が進む。無論、それによって暴かれた不正もあるだろう。でも最近の風潮を見てみると、「いじめる」相手を見つけたら最後、みんなでよってたかって「殴り倒す」ような印象を受ける。非常に陰湿だ。「国歌の品格」というベストセラー新書が言っていた。「卑怯」という言葉が最近忘れられていると。

でもそれ以上に、こういう社会の流れを決定的に作ったのは「イラク人質事件」だと思う。あの時「自己責任」の大義名分の下、九死に一生を得て帰国した人たちが受けた国民の「断罪」の目、非難の大合唱。どうしてああいう度量の狭いことをみんながみんな言ってしまったのか。

こういう風潮を見ていると、小賢しい小学生を思い起こす。授業中におもらしをしてしまった男の子がいるとする。それを隣の女の子が見つけて「せんせい! ○○君がおもらししています!」と手を上げて大声で
みんなに知らせる。周りの生徒達は笑う。先生も無神経に笑う。そしてあろうことかその男の子をその場で叱る。「ダメじゃないか、授業中におもらしちゃ!」と。

その男の子はおもらしをしていいと思ってないだろう。それをひどく恥じていることだろう。にもかかわらずそれをみんなに知られてしまい、挙句の果てに満座の中で先生に怒られる。彼は立ち直れるだろうか。

このおもらしと不二家の不祥事を同列に扱うつもりはない。おもらしは(彼にとっては)コントロール外のことである一方、品質は必ず管理するべきものだから。でも、周りの反応はその女子生徒と先生のそれと同じだ。

マスコミにも言い分はあるだろう。俺らだってどこかで区切りをつけてあげたい、だけど、不二家の不祥事が次から次に出てきてエンドレスなんだと。そうかもしれないが、そんなことを言ったらもう本当にエンドレスだ。人間誰しも埃があるもので、重箱のすみをつつけばつつくほど、悪材料は出てくる。それに、ここまで出てきたら、この後どれだけ出ようが大勢に影響はない。もうすでに彼らを「責める」十分な材料がそろっているはずだ。

もう誰かが幕を引くべきだ。そして不二家に反省文を書かせたらいい。そして再生のチャンスを彼らに与えよう。これが本当の「再チャレンジ」ってもんだ。

マスコミは必要十分な「正義」を果たした。しかし君たちは検察官でも裁判官でもない。これ以上の追及は「職権濫用」だ。無用の正義だ。もう沢山だ。そろそろ大人になって、寛容な世論を導いて欲しい。

ママの味・ミルキーやペコちゃん人形がこのままこの世から抹殺されてしまうとすれば、こんなに哀しいことはないと思う。両方の意味で。
スポンサーサイト
【2007/01/21 01:06】 Blog | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「くしの」の柚子胡椒(ゆずこしょう) | ホーム | 記念日>>
コメント
最近報道の質がとみに落ちていますね。以前BSでアメリカのニュース番組を見てたら、視聴者への不安心理の煽りの凄さに辟易したことがありますが、最近は日本もそうなりつつありますよねえ。天下のNHKまでも。ほんと、見てると嫌気がさしてきます。
結局のところ、思いやる気持ちの欠如なんでしょうね。競争原理や自分の利益ばかりが優先する世の中では他人をこうしておとしめていくのが常道のようになって、それ以外の建設的な意見や温情といったものは無用となるのでしょう。どうにも悲観的にならざるを得ません。
【2007/01/27 02:39】 URL | Tsunechan #-[ 編集] | page top↑
つねさん、ありがとう。ただ熱しやすいということは冷めやすい。もうほぼ、沈静化したようですね、マスコミ。現金なもんだ。
【2007/02/22 02:10】 URL | まさとし #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://masatoshi.blog49.fc2.com/tb.php/85-5d97c80a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。